【記録メモ】推しブイズ対抗イーブイズ交流戦 結果まとめ

f:id:mobchara-buizu:20210224004242j:image

サムネ用

 

推しブイ杯開催するたびに前回どんな結果だっけ?ってなるので、記録メモに残すことにしました。

 

第一回大会

要綱

https://mobchara-eevee.hatenablog.com/entry/2017/06/01/162114

 

Aブロック

f:id:mobchara-buizu:20210223235619j:image

1位抜け ニンフィアチーム

2位抜け ブースターチーム

 

Bブロック

f:id:mobchara-buizu:20210223235831j:image

1位抜け シャワーズチーム

2位抜け リーフィアチーム

 

決勝トーナメント

f:id:mobchara-buizu:20210224000108j:image

優勝 ニンフィアチーム

準優勝 シャワーズチーム

 

各チームの情報

https://mobchara-eevee.hatenablog.com/entry/2017/06/15/001957

 

 

第二回大会

要綱

https://mobchara-eevee.hatenablog.com/entry/2019/06/27/225919

 

Aブロック

f:id:mobchara-buizu:20210224000745j:image

1位抜け 全推しチーム

2位抜け イーブイチーム

 

Bブロック

f:id:mobchara-buizu:20210224000853j:image

1位抜け エーフィチーム

2位抜け ブラッキーチーム

 

決勝トーナメント

f:id:mobchara-buizu:20210224001133j:image

優勝 全推しチーム

準優勝 エーフィチーム

 

各チームの情報

参加者リスト

https://mobchara-eevee.hatenablog.com/entry/2019/06/28/134006

 

チーム分け

https://mobchara-eevee.hatenablog.com/entry/2019/07/15/224218

 

第三回大会

第三回大会の主催は僕ではなくうーにゃさん( http://twitter.com/U_Nya_Reuniclus )です

 

要綱

 

 

f:id:mobchara-buizu:20210224003218j:imagef:id:mobchara-buizu:20210224003222j:imagef:id:mobchara-buizu:20210224003226j:image

 

Aブロック

f:id:mobchara-buizu:20210224003334j:image

 

Bブロック

f:id:mobchara-buizu:20210224003351j:image

 

決勝トーナメント

4/25〜 開始予定

 

各チームの情報

f:id:mobchara-buizu:20210224003649j:image

 

【S13 シングル】晴れ偽装サナコータス(3世代統一)【最高レート1934 最終爆死】

みなさん、あけましておめでとうございます

今回も3世代統一を使って瞬間1900まではいけたので紹介したいと思います

 

構築経緯

ジュカインを使いたいと思いいろいろ考えた結果、対面っぽく組むのがいいと思いなんやかんや初手ダイマ構築にいきつく

ポケモン実況者のリドルさんの動画で初手ダイマからのトリルコータスの構築が紹介されていたのを思い出し、3世代統一に輸入することにする

そっち方面を極めたくなりジュカインがパーティから抜ける

完成

 

f:id:mobchara-buizu:20210101093355j:image

 

結果

最高レート

f:id:mobchara-buizu:20210101094206p:image

 

最高順位

f:id:mobchara-buizu:20210101094228j:image

12/29時点

この段階での224位は1947相当くらいだけど、1950乗せて更新待ちしようとしたら負けた

 

最終順位

f:id:mobchara-buizu:20210101120522p:image

最高レート付近まで行ったあと急激に勝てなくなって、最終日まで頑張ったけど1万5000位を経由して7500位くらいまで戻したところで力尽きた

 

個別紹介

f:id:mobchara-buizu:20210101095855j:image

今回の構築は初手ダイマ→トリル→トリルエースの流れを基本としたパーティになっています

 

初手ダイマ

f:id:mobchara-buizu:20210101120550j:image

179(68)-72-103(28)-167(252)-146(4)-121(156)

 

調整

C 特化

S 無振り100族抜き(S割いてないミミッキュを抜きたい)

H 10n-1

 

初手ダイマ枠①

特に理由がなければこのポケモンを出す

最初はラグラージを使っていたが、4倍弱点がある+初手読みされやすいポケモンということでとても使いにくく、悩んだ結果このポケモンにたどり着いた

基本的に火炎玉の物理受け型を想定した立ち回りをされるので相手の想定外の高火力を叩き込むことができる

また、特性かちきがめちゃくちゃ偉くて、並びを晴れパに見せているお陰で初手コータスよみの初手ランドがよく来るので、かちき発動から初手ダイマでイージーウィンすることもちょくちょくあった

技構成は最大打点のドロポン、サブウェポンで最大火力のダイアイスになるふぶき、相手が初手レヒレだったときや素早さを下げたい時に撃つダイアタック用の破壊光線、そして、相手の初手のポケモンを倒した後死に出しで出てきたミミッキュの皮を剥がすときに撃つダイスチル用のアイヘ

このダイスチルが結構重要で、こちら視点ではコータスを出す前に相手にダイマを消費し切らせたいという思いがあり、相手の剣舞に合わせてこちらも防御をあげることで相手のミミッキュダイマを切らせてその後の展開を楽にする狙いがある

あと、ダイアイスはカイリューマルスケ貫通で倒せるくらいの火力がある

このポケモンを発見してから一気に順位が上がった今回の構築のMVP

選出率2位

 

 

f:id:mobchara-buizu:20210101123938j:image

172(52)-120-72-156(252)-80-126(204)

 

調整

C 特化

S 葉緑素込みで+1最速100族抜き

H おっとりで下がったBを補いたかった

 

初手ダイマ枠②

基本的にはミロカロスを出すのだが、裏で出すことの多いサナコータスがステロに弱いため、ミロより速いステロ枠が苦手な傾向にあり、そこの対策として採用した

襷ステロウツロっぽい構築、とくにウツロカグヤに対して積極的に投げる、ウツロのために泣きながら悪の波動を切って穴を掘るを採用した

基本的な動きとしては初手ダイバーンから入って相手の上をとってから相手を倒しに行き、ダイマしてる間にステロを撒かれた場合はダイマ切れてからきりばらいでステロを除去する

その他の役割としては、相手の水タイプの選出抑制、晴れパに見せることでコータスの存在に説得力を持たせる、それに付随して相手に初手コータスを読ませる等

選出率5位(8%)

 

 

f:id:mobchara-buizu:20210101133801j:image

170-205(252)-100-×-101(4)-152(252)

 

初手ダイマ枠③兼受け崩し枠

第三の初手ダイマではあるものの、そっち方面での選出はほぼなく基本受け構築に対して出すポケモンになっていた

それだけならバシャーモの方がいいのでバシャーモに変えて潜っていた期間もあったが、バシャーモが呼ぶポケモンコータスにとって邪魔なポケモンばかりであり、かといってそれ以外のポケモンではコータスからの展開構築に見せたいという狙いも見せポケとしての圧力も足りないので仕方なくボーマンダを受け崩しに使い続けることになった

一致のダブルウイング、受けにくるドヒドイデをぶっ飛ばす地震(ダイアース)、同じく受けにくるテッカグヤやアーマーガアに対する炎の牙(ダイバーン)、崩しの起点になる竜の舞で技構成は確定

崩しを加速させるために特性は自信過剰

なかなか扱いは難しかったが、崩せた受け構築もいたのでまあ。

見せポケとしての選出誘導力は高かった気がする

選出率6位(8%)

 

 

トリル枠

f:id:mobchara-buizu:20210101134952j:image

175(252)-85-86(4)-194(252)-135-90

 

トリル枠

3世代のトリル枠の中で出来るだけトリル臭のしないトリル枠を考えた結果サーナイトが適任という結論に至った

単純なトリル枠として見ればサマヨールの方が有能だが、選出画面でトリルを警戒されたら何の意味もないのでトリル臭がしないことを優先した

技構成は採用理由のトリックルーム、退場技のミストバーストが確定

その他の2つには、トリルした後ミミッキュのかげうちの上から皮を剥がせるかげうちと、相手のダイマターンを稼げる可能性のある催眠術を採用した

サイコショックが欲しい場面も稀にあったが、この技構成の方が役割に合っていると思ったのでこのまま使い続けた

再戦以外でトリル読みの行動をされたことはなかったので、このポケモンの採用は正解だったと思う

選出率1位

 

 

トリルエース枠

f:id:mobchara-buizu:20210101135646j:image

175(236)-×-160-150(252)-93(20)-22(個体値0)

 

トリルエース①

トリル下で最強になるポケモン

その噴火はダイマックスしたH252ブリザポスを一撃で倒すことができる、といえばその強さは伝わるだろうか?

技構成は最大打点の噴火、晴れ下で安定打点になるウェザボ、優秀なサブウェポンのソラビと大地の力で確定

リドルさんの動画でこのポケモンが使われていなければこの構築は生まれていなかったので本当に感謝

ところで、このポケモンを倒す上で最大の壁となるポケモンのうちの1体がウオノラゴンなのだが、構築全体でウオノラゴンの選出を抑制することで対策したつもりだった(水無効1、水半減3、一致弱点つけるの2、晴らすやつ1)、それでも2割弱くらい出てきて意味がわからなかった

選出率3位

 

 

f:id:mobchara-buizu:20210101140727j:image

193(252)-×-118(4)-146(252)-127-63

 

トリルエース②兼初手ダイマ

コータスと選択のトリルエース

相手のパーティにバンギ、カビゴンカイリューがいる時や、あまりにも炎半減が多い時に選出候補になる

あと、稀に初手枠としても出す

初手ダイマか、メテオビーム→ダイマかは相手の初手次第

初手で出すパターンは相手のパーティにレジエレキがいる時が多いかなぁ

後は、受け崩し枠でもある

メテオビームいっぱい押して受け崩しを狙う、結構強い

受け崩しでも使うからS下げられなかったけど、それがなければトリル下でブリザポスの上をとるためにS落としたかった

選出率4位

 

 

選出

・基本

ミロカロス+サーナイト+コータスorユレイドル

 

・ウツロカグヤや初手ミロで防げないステロ読み等

ダーテング+サーナイト+コータスorユレイドル

 

・受け構築

ボーマンダ+ユレイドル+ミロカロスorコータス

 

 

 

以上で今回の記事を終わります

一度は1950手前までいったものの、最終は全然ダメだったので悔しい気持ちでいっぱいです。

勝敗決定の比重が立ち回りよりも構築相性と選出に左右される構築だったのでとにかく試行回数を稼いでなんとか順位をあげようとしたものの、終盤は下振れを引きまくってどうしようもなかったです

あるラインより下になると選出誘導が効かない相手に当たりまくるので泥沼にハマっちゃいました

あとは、再戦がめちゃくちゃキツい構築なので、対戦数を重ねれば重ねるほどある種不利になっていく構築なので、勝ててる時に逃げ切れなかったのが敗因かなって感じですね。

ただ、3世代統一の形としては1つ新しいものを提案できたと思うので、3世代統一を使いたい方はこの形もぜひ1つの案として考えてみて欲しいです

 

それでは!

身内企画「6パーツ交流戦」で遊んだ話

f:id:mobchara-buizu:20201227225222j:image

↑サムネ用

 

みなさん、こんにちは

今回は仲のいい人たちと6人で「6パーツ交流戦」というお遊び企画をやってきたので、その話をしようと思います

みなさんもぜひお友達とやってみてください!

 

 

6パーツ交流戦とは

6パーツ交流戦とは、6パーツルールを適用した交流企画です

6パーツルールというのは、原案は、「大会ルール没案置き場 - モブキャラブログ」の⑨に当たります

このルールから改良を加えて、身内企画という形で実現に至りました

 

ルール説明

6パーツルール

参加者は6人

1人1匹ずつポケモンを選び、6人同時に公開してその6匹でパーティを組んで対戦を行う(対戦毎のパーティ変更は不可)

対戦形式は総当たり戦

 

ただし、指名に偏りが発生しないよう、以下のルールを設ける

・図鑑NOが同じポケモンが複数体指名された場合、じゃんけんを行い勝利したプレイヤーが再指名できる

・進化前のポケモンが複数体指名された場合、合計種族値の高い方を採用し、低い方を指名したプレイヤーが再指名する

・同じタイプのポケモンが3体以上指名された場合、そのタイプのポケモンが2体になるようにじゃんけんを行い敗北したプレイヤーが再指名する

・指名は事前に第一指名から第六指名まで指名リストを作成し、再指名にはその指名リストで優先度の高いものが使われる

・指名リストに同タイプのポケモンは1タイプにつき2体までとする

・指名リストに進化前のポケモンは1体までとする

 

これだけだとちょっとイメージが湧かない人もいると思うので例をあげます

例とかなくてもルールわかったよって人は適当に飛ばしてください

 

Aさんの指名リスト

1.フシギダネ

2.フシギソウ

3.フシギバナ

4.ヒトカゲ

5.リザード

6.リザードン

 

これは不可です

草タイプ、炎タイプ、毒タイプのポケモンが2体以下になっていない上に、進化前のポケモンが1体以下になっていません

なので

 

Aさん

1.フシギソウ

2.フシギバナ

3.リザードン

4.カメックス

5.ピジョット

6.ライチュウ

 

このようにすれば、進化前のポケモンが1体以内、同じタイプのポケモンが1タイプにつき2体以内(草が2体、毒が2体、飛行が2体)とルールに合致しています

 

では、実際にこの6体で指名リストを提出しましょう

全体の指名リストが出揃いました

f:id:mobchara-buizu:20201108134051j:image

さて、ではこの場合指名結果はどうなるでしょうか?

まず、図鑑NO被りがおらず、進化前ではなく、同タイプが2体以内になっているガルーラが確定となります

次に、進化前が2体いるので、片方に絞られます

フシギソウとタイプ・ヌルではタイプ・ヌルの方が種族値が高いので、タイプ・ヌルが確定となります

そして、ドラゴンタイプが3体いるので、これを2体以内に絞る必要があります

Dさん Eさん Fさんでじゃんけんをして、負けた1人が再指名ですね

仮にFさんが負けたとしましょう

すると、ラティオスガブリアスが確定となります

AさんとFさんが再指名なので、第二指名のポケモンを確認します

フシギバナは最終進化系でタイプ被りなしなので確定となります

ヨクバリスはノーマルタイプで確定済みのポケモンとして、ガルーラ、タイプ・ヌルがいて3体目になってしまうため再指名になります

Fさんの第三指名を確認しましょう

Fさんの第三指名はアーマーガアで、最終進化系でタイプ被りがないため確定となります

 

これで6体が確定しました

 

フシギバナ(Aさん指名)

タイプ・ヌル(Bさん指名)

ガルーラ(Cさん指名)

ラティオス(Dさん指名)

ガブリアス(Eさん指名)

アーマーガア(Fさん指名)

 

この場合、参加者は全員この6体のパーティを組んで総当たり戦で戦うことになります

 

以上でルール説明を終わります

 

 

実際に遊んでみた

ここまでルールを決めたところで、実際に遊んでみましょう

今回の参加者は以下の6名です

モブキャラ(運営)

ゴッディ(運営)

そうちゃ

殻猫

春ん

N/H

 

この6人でさっそく遊んでいきましょう!

 

指名考察

さて、僕は特別使いたいポケモンがいるわけでもなかったので、まずは周りの人たちが何を指名するか予想するところから始めました

その予想メモがこちらです

f:id:mobchara-buizu:20201108135514j:image

そうちゃさんの相棒はシャワーズであり、そうちゃさんは7世代の頃、シャワーズの人じゃなくメタグロスの人と呼ばれることを気にしていたので、シャワーズの人と認めさせるためにシャワーズを指名すると予想

ハルンさんとN/Hさんと殻猫さんはそれぞれの相棒ポケモンを指名するかな?と思いつつも正直懐疑的でした

特に、N/Hさんはこのルールにおけるラグラージの弱さは理解してるので、ラグラージ?と書きつつもまあ違うだろうなと思ってました

ゴッディさんはマジで予想できない。ただ、引っ掻き回す意味でシルヴァディあたりはきてもおかしくないかな?という感じでした

 

以上を踏まえての僕の指名リストがこちら

 

1.ルンパッパ

2.バンバドロ

3.ラティアス

4.メタグロス

5.バシャーモ

6.イーブイ

 

まず、そうちゃさんがシャワーズ、春んさんがスイクンを指名すると仮定すると、他に水タイプの指名がなければパーティに必ずシャワーズスイクンが入ることになります。こうなっちゃうとスイクンシャワーズもある程度型が固定され、泥仕合になりやすくなってしまう懸念があり、それは避けたいという思いがあったので、スイクンシャワーズのどっちかを追い出すために第一指名は水タイプにすることにしました。その中で、水タイプミラーに強く他の人に比べて使い慣れているという点でアドが取れそうなルンパッパを第一指名にしました。次に、僕がジャンケンに負けてルンパッパが通らなかった場合に、殻猫さんがバンギラスを指名していると嫌だったのでバンギラスの型選択を制限するためにバンバドロを第二指名に、第二指名のバンバドロが通らないパターンでは殻猫さんの指名はハガネールで他に地面タイプがいる状況なので特殊水2体地面2体の環境でトップ取れそうなラティアスを第三指名にしました。ほぼほぼ第三指名までで決まると考えていたので、残りは使い慣れているメタグロスバシャーモを第四、第五指名とし、絶対に通らないという自信のもと、天使枠として第六指名にイーブイを入れました。かわいい。

指名リストを同じく運営のゴッディさんの指名リストと交換して準備万端。あとは他の参加者の皆さんの指名リストを待つだけです!

 

指名結果

モブキャラ

1. ルンパッパ(草・水)

2. バンバドロ(地)

3. ラティアス(超・竜)

4. メタグロス(超・鋼)

5. バシャーモ(闘・炎)

6. イーブイ(無)

草1, 水1, 地1, 超2, 竜1, 鋼1, 闘1, 炎1, 無1

進化前1


ゴッディ

1. クレセリア(超)

2. アシレーヌ(水・妖)

3. レイスポス(霊)

4. アーマーガア(鋼・飛)

5. Gサンダー(闘・飛)

6. ゴリランダー(草)

超1, 水1, 妖1, 霊1, 鋼1, 飛2, 闘1, 草1

進化前なし


殻猫

1. 化身ボルトロス(電・飛)

2. ヤレユータン(無・超)

3. ローブシン(闘)

4. ホルード(無・地)

5. 霊獣トルネロス(飛)

6. カメックス(水)

電1, 飛2, 無2, 超1, 闘1, 地1, 水1

進化前なし


春ん

1. スイクン(水)

2. ブラッキー(悪)

3. ニンフィア(妖)

4. サンダース(電)

5. シャワーズ(水)

6. ブースター(炎)

水2, 悪1, 妖1, 電1, 炎1

進化前なし


N/H

1. シルヴァディ(無)

2. インテレオン(水)

3. ラグラージ(水・地)

4. Gヤドラン(毒・超)

5. ドラパルト(霊・竜)

6. テッカグヤ(飛・鋼)

無1, 水2, 地1, 毒1, 超1, 霊1, 竜1, 飛1, 鋼1

進化前なし


そうちゃ

1. メタグロス(超・鋼)

2. シャワーズ(水)

3. ジュラルドン(鋼・竜)

4. ブリムオン(超・妖)

5. ホルード(無・地)

6. サザンドラ(悪・竜)

超2, 鋼2, 水1, 竜2, 無1, 地1, 悪1, 妖1

進化前なし


以上の結果から、各第一指名が通り、


ルンパッパ(水・草)

クレセリア(超)

化身ボルトロス(電・飛)

スイクン(水)

シルヴァディ(無)

メタグロス(超・鋼)


の6匹となりました!

え、そうちゃさん、シャワーズじゃないんですか!?

… #そうちゃはメタグロスの人 

 

というか準伝多すぎ!個体準備めんどくさ!

僕の選んだルンパの次に種族値低いのがシルヴァディの570とかどんな環境だよ!!!!!

とかなんとかいいつつ、考察を始めていきたいと思います!

 

対戦考察

というわけで、対戦考察です

まず、この6体の中で僕が環境を握ると思ってるポケモンが3体います(多い)

 

まず、1体目がボルトロスです

電気技 空を飛ぶ ビルドアップ 挑発

 

この構成のボルトロスの刺さりが非常にいいです

対策必須だと思います

 

次に、クレセリアです

ボルトロスの挑発には弱いものの、基本的に悪シルヴァディ以外には強めに見え、出すと強いかはともかくとして、他のポケモンたちの型を歪める、制限する力は絶大です

 

最後にシルヴァディ

自由にタイプが変えられるのはこのルールでは強いです

候補となるのは、クレセリアメタグロスに強い悪、スイクンに強くボルトロスを受けられる電気辺りでしょうか?

裏を書いてノーマルで使ってもそこそこ強そうです

 

他の3体でいうと

メタグロスは普通に強い

スイクンは苦手なのが多くてしんどい

ルンパッパは空気、スイクンに親殺されてる人以外使う理由なし

 

って感じでしょうか

 

それを踏まえた上で僕が組んだパーティがこちら!

 

f:id:mobchara-buizu:20201227233439j:image

メタグロス@パワフルハーブ

臆病CS余りD

メテオビーム ヘドロ爆弾 ステロ 草結び

 

クレセリア@メンハ

控えめB12C244S252

アシパ ムンフォ 瞑想 朝の日差し


シルヴァディ@ダークメモリ

陽気H68A252S188

マルチアタック かみくだく 剣舞 シザークロス

 

ルンパッパ@襷

臆病HS余りC

カウンター 堪える 宿り木 アンコール


スイクン@食べ残し

臆病H156B4C4D92S252

熱湯 吠える 守る みがわり


ボルトロス@ゴツメ

腕白H244B252S12

ビルド 眠る 寝言 なりパン

 

基本選出はメタグロスクレセリアシルヴァディとしました

メタグロスはこの環境で唯一ステロを使えるポケモンなので確定、先発ボルトロスに展開させないためにパワフルメテオ型としました

ヘドロ爆弾はクレセリアが起点にしにくる展開に対する抵抗です

 

次に筆頭エースとしてクレセリアを採用

挑発でクレセ展開余裕で止まると思ってる人にメンタルハーブ発動から瞑想を積み、ゆーてクレセの火力と思ってまだ油断してるところに控えめC振りダイサイコを叩き込みます

ムンフォは悪シルヴァディに撃ちます

 

最後にシルヴァディ

クレセリアクレセリアミラーやメタグロスに不安があるので、ダークメモリを持たせて悪タイプとしました

また、ダイマックスした時にダイマルチアタックが威力95になるという悲しい仕様になっているため、ダイマしても強い悪技を撃つためにマルチアタックとかみくだくを同時採用しました

クレセリアが止められた後にエースとして活躍してくれるといいなぁ(願望)

 

残りの3体は、パーティ変更不可のこのルールで、クレセリアシルヴァディのどちらかが刺さらないとなった時に出す可能性があるので一応育成しました

ルンパッパは襷カウンターで物理をメタりつつ、宿り木と熱湯とアンコールで耐久型に仕事できるようにしました

ボルトロスは基本的に警戒されすぎてると思うので、読まれにくさを意識しました

事故らせるポケモンです

スイクングロスのステロと合わせて吠えるループできるようにしました

まもみがでPPも枯らせます(フレ戦でやることじゃない)

 

パーティ全体で苦手なポケモンスイクンです

いや、流石にこの環境で出てくる回数は少ないでしょっていう願望です

 

この6体とともに、いざ本番へ!

 

対戦

vs春んさん

初戦は春んさん

僕のパーティで苦手なスイクンを指名した人です

スイクンが相棒らしいので、出してくる可能性はありますね

 

こちらの選出

メタグロス クレセリア シルヴァディ

 

初戦ということで基本選出

いくら1番スイクンを出す可能性が高いとはいえ、相手の型次第でなんとでもなるのでまあ基本選出しかないでしょ

 

春んさんの選出

ボルトロス メタグロス シルヴァディ

 

試合の流れ

初手メタグロスボルトロス対面

こちらは想定通りメテオビームを放つもみがわりで受けられ倒すことは叶わず

メタグロスダイマは切りたくないしみがわり残されるのも嫌なのでヘド爆で突っ込むと相手がダイサンダー

珠ダイサンダーをメタグロスが耐えたことから物理型であることが確定し、返しのヘドロ爆弾で毒を引けました

グロスが倒されてクレセリアを出して月の光を選択

ダイサンダーが急所に当たり、耐久はB12振りのクレセリアが8割くらい削られますが、月の光でしっかり回復

ワイボ読みで月の光をするとビルドをされるも、みがわり+ヘド爆+珠+毒ダメで、次の毒で落とせるHPなので、ワイボを受けてもいいように月の光をするも、ボルトロスメタグロスに交代

HP満タンで余裕があるので、瞑想を選択すると相手は光の壁

そっち系なら問題ないということで瞑想連打すると相手はシルヴァディバック、タイプは電気

シルヴァディじゃないならこの条件でも勝てると踏んでダイマしてダイサイコ、相手は剣舞で残りHP4割強くらい

このままダイサイコで押そうとしたらメタグロスに引かれたものの、瞑想2回できててHPも満タン、春んさんのダイマももうないので問題なくクレセリアで詰めて勝利

 

といことで、初戦は勝利を飾りました!やったぜ!

 

 

vs殻猫さん

2戦目は殻猫さん

今回の環境のトップメタ、化身ボルトロスを指名した人です

化身ボルトロスへの信頼は非常に厚いので、必ず出してくると思います

 

こちらの選出

メタグロス クレセリア シルヴァディ

 

1戦目でもしっかり刺さった基本選出でいきます

ボルトロスに明確に弱いポケモンがいない選出なので問題ないハズ

 

殻猫さんの選出

シルヴァディ ボルトロス メタグロス

 

試合の流れ

初手メタグロスシルヴァディの対面、殻猫さんのシルヴァディは悪タイプでした。

こちらの選出的に先にシルヴァディ剣舞されたらひとたまりもないので焦りました。とりあえず、メテオビームで削ります。

メタグロスが先に動き、相手のシルヴァディは電磁波、メテオビームのダメージから察するに耐久にがっつり振った起点作り型っぽいです

それなら後続に負担かけた方がいいということで、ステロを選択

マルチアタックを耐えてきっちり動いてステロを撒きます

メタグロスが倒されてこちらもシルヴァディを出して剣舞、相手は電磁波

ここで、捨て台詞が読める場面にもかかわらずシザークロスを選択するプレミ、殻猫さんは当然捨て台詞で出てきたのはボルトロス、ステロダメージが入りこちらのヴァディは痺れて動けず

ボルトがビルドしてヴァディがマルチアタック、これをギリギリ耐えて混乱実で回復

ボルトのダイマ一点読みでダイマかみくだくを選択、見事ボルトがダイマしてくれてダイジェットで4割くらい削られつつボルトロスを突破

その後再度出てきたシルヴァディに痺れを挟みつつ捨て台詞意識で悪技を連打してシルヴァディを突破、ラストはメタグロス

殻猫さんのシルヴァディの攻撃でもうグロスの攻撃圏内だったのでクレセで勝てるかどうかの勝負かと思ってたら殻猫さんのメタグロスがまさかのメテオビーム、しかもパワフルハーブ持ちではなかったためシルヴァディが行動することができ、メタグロスを倒して勝利

 

無事に2戦目も勝つことができました!

2連勝!

 

 

vsそうちゃさん

3戦目の対戦相手はそうちゃさん

シャワーズ…ではなくメタグロスを指名した人です

流石はメタグロスの人ですね!!!!!(個人攻撃)(ピンポイントメタ)

メタグロスの人なのでメタグロスは出すんじゃないでしょうか?メタグロスの人なので

 

こちらの選出

メタグロス クレセリア シルヴァディ

 

これで2連勝してるのでこれでいきましょう

もう他の3体出す気になれん。

 

そうちゃ(メタグロスの人)さんの選出

メタグロス(流石) ボルトロス クレセリア

 

試合の流れ

初手はグロスグロス対面

うちのグロスグロスへの打点がないので、草結びの枠をシャドボにしとけばよかったと反省しつつとりあえずステロ

そうちゃさんもステロだったので地震か壁張りと呼んでクレセバックしたらそうちゃさんはボルトバック

この対面は瞑想を押すと決めてたので瞑想したら案の定、ボルトは挑発を選択しメンハで凌いで瞑想

ダイサイコでボルト飛ばそうとしたらそうちゃさんもダイマ、まぁダイジェットでもダイサンダーでも2耐えするしって思ってたらまさかの珠ダイアーク、元技は物理らしく、B12振りクレセはステロ込みで乱数2発…

仕方ないのでダイウォールで1ターン稼いでクレセ捨て

ボルトのダイマが終わったのでグロス出して挑発を受けつつヘド爆でボルトを落とす

裏から来たのはクレセ

すぐにシルヴァディバックするとクレセは瞑想

剣舞したらクレセはムンフォ

控えめC振りだったらしく、シルヴァディが残りHP5でギリギリ耐える(後で計算したらステロ込みで確定耐えでした)

マルチアタックでクレセを倒しグロスがくる

バレパンあったら負けかもしれないとハラハラしましたが、持ってなかったようで上からマルチアタックが通って勝利

 

ということで3連勝!

流れが来てますねぇ!

 

 

vs N/Hさん

4戦目の対戦相手はN/Hさん

このルールで投入されれば環境を荒らすことは確実であるところのシルヴァディを指名した張本人です

個人的な話ですが、N/Hさんには7世代の頃にメタゲームの大会で対戦して運の悪い負け方をして悔しい思いをしたので、今回はメタゲームという舞台でリベンジする絶好のチャンスです!

 

こちらの選出

メタグロス クレセリア シルヴァディ

これで3連勝してるんやぞ?変える必要あるか???

 

N/Hさんの選出

ボルトロス シルヴァディ クレセリア

 

試合の流れ

初手グロスボルト対面、こちらはみがわりとダイマ以外は優位に立てるメテオビームを選択

ボルトは電磁波を選択したが、グロスは痺れずに動いたので見事にボルトを倒すことに成功

裏から出てきたのは悪シルヴァディ

グロスからシルヴァディに有効打がなかったので、草結びの枠をラスカノ辺りにしなかったことを後悔しながらヘド爆を選択

ヴァディはダイマしてダイアーク、これをメタグロスがギリギリで耐えてきっちり動いて返しのヘド爆で毒まで入れる

ダイジェットでグロスが落とされて、悪ヴァディにクレセ投げるわけにもいかないのでこちらはシルヴァディを投げる

ダイマ切れればこちらのダイワーム圏内だったのでダイウォールを選択しダイロックを防ぐ、この段階でシルヴァディに打点がないことを確認

安心してダイワームを押すと相手がまさかのクレセバック

そこからかみくだくベースのダイアークを選択するもHB特化クレセは倒しきれずクレセの電磁波でシルヴァディが麻痺

この展開なら三日月の舞が1番可能性高い+仮に瞑想やムンフォでもダイワームでC下げてあるあるのでまだ余裕があるということで剣舞を選択

予想通りクレセは三日月の舞、シルヴァディはちゃんと動いて剣舞

相手のラストシルヴァディが登場し三日月の舞で回復

こちらはシザークロスを選択、相手のシルヴァディ剣舞をするも、こちらのシルヴァディが痺れずにしっかり動き、N/Hさんのシルヴァディを突破して勝利!

 

4連勝〜!

ちなみに、相手のシルヴァディのダイアークもかみくだくベースだったのでグロスは7割弱の乱数で落ちてたし、最後のシザークロスも相手の調整的におそらく12%くらいで耐えられてたので、こちらの麻痺ったポケモンたちが1回も痺れてないこと含めてかなり運のいい試合でした

 

そして、この段階で他の方々の対戦結果から僕の自演優勝が確定しました

やったぜ!!!!!

 

 

vsゴッディさん

5戦目の対戦相手はゴッディさん

今まで幾度となくメタゲームという舞台で対戦してきた方で、今回の企画では僕と一緒に運営をしてくれました

指名したのはクレセリア、うちのエースです(シルヴァディの方が活躍してる)

 

こちらの選出

メタグロス クレセリア シルヴァディ

変更する理由が見つからない

 

ゴッディさんの選出

メタグロス クレセリア シルヴァディ

 

試合の流れ

初手グロスグロス対面、またシャドボ採用しなかったことを後悔するのか…と思いつつとりあえずステロ

ゴッディさんのグロスもステロ

そうちゃさん戦と同じ流れなのでクレセバック

ゴッディさんもクレセバック

まさかのメタ被り…?と思いつつ、シルヴァディ引きしていいかどうかを考える

今回はそうちゃさん戦とは違い、相手にダイマが残っている状況、引いたところに瞑想からのダイフェアリーでシルヴァディを倒しにくる可能性があるし、相手の型がわからない以上ここは対面瞑想で突っ張るべきと判断

上から瞑想が通ってゴッディさんはシャドボを選択、ダメージがメガネっぽい?

起点にできそうなのでもう一度瞑想、シャドボでD下がる、痛い

月の光で回復するとそれに合わせて悪シルヴァディに交代される

当初のプラン通り、ここはダイマを切って、マルチアタックを受けつつダイフェアリーでシルヴァディを飛ばす

グロスが出てきたのでダイフェアリー連打でステロ込みでグロスが半分くらいまで削れる、ゴッディさんは凍える風

自爆とかで削られながらクレセが出てくるのが嫌なのでダイウォール、ゴッディさんはパワフルハーブメテオビーム

それなら起点にしようということでメテオビームされながら月の光で回復しつつC4段階まで上げグロスをアシパ圏内にとらえる

グロスを倒してクレセと勝負しようとしたらダイスチルを受ける、火力的に徹底抗戦っぽい

2度目のダイスチルをギリギリで耐えてアシパでグロスを落とす

最後はメガネっぽいクレセリア、シャドボでクレセを倒され、悪シルヴァディを投げ、じゃくほケアで剣舞したらやはりメガネでシャドボ

マルチアタックで倒して勝利

 

5戦全勝!

全勝優勝達成です!!!!!

 

 

結果

f:id:mobchara-buizu:20201227231758j:image

1位 モブキャラ 5勝0敗
2位 そうちゃ  3勝2敗(直対◯)
3位 ハルン   3勝2敗(直対×)
4位 殻猫    2勝3敗
5位 ゴッディ  1勝4敗(直対◯)
6位 N/H     1勝4敗(直対×)

 

雑感

遊んでみた感想

まぁ、シンプルに楽しかったです

そりゃお前は勝ってるんだから楽しいだろって言われると困っちゃうところはありますけど、同じ6体の組み合わせでもこんなに各々違うパーティになるんだな〜っていうのがわかって、そこがすごく面白かったです

メテオビーム採用のメタグロスが3人もいたのはめちゃくちゃ面白かったですね、まあボルトロス憎いもんな…

僕が5-0で空気読めてない感じになっちゃいましたけど、2位以下は終わってみれば大混戦でこのルールの難しさを物語っているように見えますね

 

反省点

ルール設定の段階で反省点がひとつ

タイプ被りが発生しまくるとか進化前が何体も混ざるとかの事故は起こらないように気をつけてルール設定したんですけど、指名結果が準伝祭りになってしまい、気軽に遊ぶルールとしてはあまりにも準備が大変になりかねない企画になってしまいました。

忙しいけど楽しそうだから!っていって参加してくれた方もいたので、大変な思いをさせていたら申し訳ないです

 

ルールの改善案について

今回みたいな準伝祭りを発生させないために、準伝が2体以上いたときはじゃんけんして負けた人が再指名、みたいなルールを入れてもいいかもしれません

あとは、これは好みが分かれそうですが、種族値で区切るのも面白そうだなって思いました

600以上

550以上600未満

510以上550未満

480以上510未満

440以上480未満

440未満

みたいな感じで区切って、第1〜第6までの指名は各区分1体ずつになるようにする

で、最終的なパーティも各区分1体ずつにならないといけないことにして、同じ区分が複数体いたらじゃんけんして再指名、みたいな

伝わった?伝わってる?大丈夫?

まぁ、この辺は発展系かもしれません。

 

身内企画から大会への発展について

このルールを大会としてやるにはどうしたらいいかな?って話です

とりあえず、募集人数を6の倍数にすることは確定ですね

仮に18人募集するなら、6人ずつの3ブロックに分けて、それぞれでパーティ決めて総当たり戦

上位2名が決勝リーグに進出して、また6人でパーティ決めして総当たり戦

みたいな流れなら大会としてもやれなくはないのかな?って感じです

やる予定はないです、めんどい。

 

参加者のパーティ一覧

 

モブキャラ(1位)

f:id:mobchara-buizu:20201227233439j:image

基本選出はグロスクレセシルヴァディ

グロスでステロ撒いたり殴ったりして裏で展開します

 

そうちゃさん(2位)

f:id:mobchara-buizu:20201228212655j:image

基本選出はグロスボルトクレセ

グロスで起点作ってボルトクレセを展開するそうです

悪ヴァディ意識で妖ヴァディを入れていたとのこと

 

春んさん(3位)

f:id:mobchara-buizu:20201228212203j:image

基本選出は3パターンを使い分けるらしい
1:ボルト、グロスシルヴァディ
ボルトの初手ダイマで荒らして、その後にグロスで壁を張り、シルヴァディを展開する
2:グロススイクンシルヴァディorボルトロス
グロスのステロして、スイクンの吠えるでステロダメを稼ぎ、ボルトロスシルヴァディで全抜きする
3:グロス、ルンパッパ、クレセ
グロスの起点作成し、ルンパッパの剣舞ダイストリームで全抜きを狙い、ルンパッパが削れたらクレセで再展開する

 

殻猫さん(4位)

f:id:mobchara-buizu:20201227233638j:image

基本選出はグロスシルヴァディボルト

グロスを主軸としたパーティでその起点作りのシルヴァディと第二エースのボルトロス、基本選出以外は全部出す気0の適当個体だそうです

 

ゴッディさん(5位)

f:id:mobchara-buizu:20201228015029j:image

基本選出はグロスシルヴァディクレセ

先発起点作りとvsボルトのハイブリッドグロスで場を整えダイマ枠のシルヴァディと負担かけるメガネクレセ、序盤はクレセの枠をスイクンにしてたそうです

 

N/Hさん(6位)

f:id:mobchara-buizu:20201228020659j:image

基本選出はボルトシルヴァディクレセ

ボルトで場づくりしてシルヴァディを展開した後、クレセリアシルヴァディを再展開する構築

ハルンさん戦のみクレセの枠をNNハルンケアのスイクンにしたそうです、残り2体は適当個体

 

 

 

 

以上で今回の記事を終わります

このルール、めちゃくちゃ楽しかったのでみなさんもぜひ遊んでみてください!

もし遊ぶときは、僕も誘ってくれて全然構いませんからね!!!!!

 

それでは!

【ポケモン竜王戦2020】ルギアカグヤ麻痺ループ【最高1784 最終1745 110位】

みなさん、こんにちは

竜王戦お疲れ様でした

本気で予選抜けを目指して取り組んだんですが、遠く及ばない結果となってしまいました

というか、1880までいって予選落ちする人がいるって頭おかしいでしょ。

なんか、本当の強者との間に立ち塞がる高い壁を感じましたね。

そんなネガティブなことを言ってますが、構築自体は結構自信のあるものになっているので、よかったら見てやってください

 

 

構築経緯

竜王戦の考察を1人でやり切れる自信がなかったのでツイのお友達であるゴッディさん、コウさんと考察を共有することに、事前の考察でルギアが結構強いんじゃないかと思っていたところ、ゴッディさんの使用伝説候補にもルギアがいたことから、ゴッディさんと構築共有してルギア軸を組むことに

僕の事前考察で電磁波自己再生ルギアがあらゆるポケモンに誤魔化し性能持ってて強いんじゃないかと思っていて、違うルギアを考えていたゴッディさんもその考えに同意してくれたことから電磁波ルギアから構築スタート

電磁波ルギアが苦手な電気や地面への引き先になり得るクッションとしてランドロス、電磁波と相性のいい鋼枠であるテッカグヤ、相手の伝説やダイマを誤魔化すミミッキュイベルタルや特殊ゴースト伝説、サンダーに対する引き先としてバンギラスを採用

ラスト1枠にここまでで薄めなカイオーガ、ゼルネアスへのとりあえずの回答として襷ミラコトリトドンを採用

この6体で仲間大会に潜ったところ、ミミッキュがいらないと思ったことと、展開構築が苦手に感じたため、ミミッキュを外して展開系の構築に強いメタモンを採用

この時点から仲間大会で何度もポケモンの型が変わったものの、6体の組み合わせは1度も変わることなく本番を迎えた

f:id:mobchara-buizu:20201214231848j:image

 

結果

本ロム

最高

f:id:mobchara-buizu:20201214231503j:image

本当の最高は1784だったが、そこから勝つ予定だったのでスクショ撮らなかったら負けた

 

最終

f:id:mobchara-buizu:20201214231951j:image

抜けはもうないけどせめて1800には乗せたいと思った朝8時に宿り木が2連続で外れて心が折れた

 

サブロム

最高

f:id:mobchara-buizu:20201214232144j:image

こっちはちゃんと最高レートのスクショ撮れた

 

最終

f:id:mobchara-buizu:20201214232230j:image

こっちが予選抜けライン届く可能性0になった段階で本ロムに移動した

 

個別紹介

f:id:mobchara-buizu:20201214232410j:image

 

ルギア

f:id:mobchara-buizu:20201214232424j:image

213(252)-85(個体値0)-151(4)-110-174-178(252)

 

構築の軸となった電磁波ルギア

アッキ+瞑想+マルスケで要塞化すると急所とかプレミとか状態異常とかない限りは基本突破されなくなる最強ポケモン

苦手であるイベルタルでさえ、相手のダイマが切れた後なら対面から勝つことができる

技構成は、電磁波、自己再生、瞑想までは確定でワンウェポンにはエアスラッシュを採用した

エアロブラストは優秀な技だがPPが8しかないのでこの型とは相性が悪く、暴風は命中7割で大会で採用して何試合とこなすのは心臓が持たないのでエアスラしか選択肢がなかった

環境にいる伝説ポケモンに対しては電磁波を当てることで大体誤魔化すことができ、明確に苦手なのはコスパ型のムゲンダイナとゼクロム、BWキュレムくらいだと思う

ただ、火力の低さにはずっと悩まされた

 

ランドロス

f:id:mobchara-buizu:20201214233622j:image

195(244)-165-156(252)-×-102(12)-111

 

優秀なクッション

威嚇で誤魔化してステロ撒いてとんぼでサイクルするポケモン

僕はHBランドは今回初めて使ったが、めちゃくちゃ優秀なクッションだったと思う

本当に優秀なクッション

うん、優秀なクッション

 

テッカグヤ

f:id:mobchara-buizu:20201214234054j:image

177(36)-×-166(220)-127-121-113(252)

 

調整

H 16n+1

HB 陽気剣王ザシアンの+1インファを残飯1回+宿り木1回込みで93.4%の乱数2耐え

      陽気剣王ザシアンの+3インファを93.8%の乱数耐え

S 4振りランド抜き(出来るだけ多くのテッカグヤに勝つため準速)

 

この構築のMVP

最初はSは60振りのみでHBにがっつり割いた型にしていたが、この構築のvsテッカグヤを担うポケモンなのに、仲間大会での試運転でテッカグヤミラーS負けして詰む場面があったため出来るだけそうならないために準速をとった

HSだと意識しておきたいザシアンへの耐久が足りないためBS振りになった

副産物として、麻痺した最速黒バドレまで抜けるようになった

このテッカグヤがめちゃくちゃ強かった

準速をとったことで環境に多く存在したS無振りのランドへの安定感が抜群であり、またテッカグヤミラーで素早さ負けすることも1度もなかった

また、HPを落としたことにより宿り木での回復割合が大幅に増加し、みがわりを押せる回数が増えたのがかなり大きかった

特に、禁止伝説はHPが高いポケモンが多くこの調整はめちゃくちゃ刺さった

ちなみに、この構築のコスパムゲンダイナへの主な勝ち筋はこのカグヤと後述のバンギを組み合わせたTODで他にはかなり薄い勝ち筋しかないのだが、本番では13回ムゲンダイナを選出されて、選出された試合は全て勝利しているので対応としては間違いではなかったんだと思う

 

バンギラス

f:id:mobchara-buizu:20201214235945j:image

205(236)-155(4)-132(12)-×-165(236)-84(20)

 

調整

HD 臆病珠イベルタルの気合玉を砂補正込みで81.3%の乱数耐え

S 麻痺した最速100族抜き

AB 余り

 

ねむカゴバンギ

最初はチョッキ持ちのアタッカーバンギを使っていたが、ムゲンダイナへの勝ち筋がTODだったのでその勝率を上げるためにねむカゴに変えた

イベルへの安定感が必要だったのでHDは確定で、そうなると火力が足りないのでイベルへの対応は電磁波で行うことにした

交代読み電磁波で後出しされたザシアンが麻痺するのが美味しかった

調整についてだが、今思うとSは麻痺込みでウツロイドまで抜いてよかった気がする

 

メタモン

f:id:mobchara-buizu:20201215001158j:image

155(252)-×-110(252)-×-69(4)-47(S個体値0)

(本ロムのメタモンはS個体値は3で妥協、しかも王冠を使い忘れたのでHPが146しかなかった)

 

伝説環境の一般枠では最強説もあるメタモン

展開構築やザシアンに対する回答として活躍して貰った

仲間大会では襷ミラコトリトドンでゼルネアスも対応できてたが、本番になった途端みがわりゼルネアスにしか当たらなくなって最終的にみがわり残されずにメタモンでパクるしか勝ち筋なくなった

結果、ゼルネアスには全敗だったので悔しさしかない

1戦はルギアへの急所なければ勝てたんだけどなぁ。

 

トリトドン

f:id:mobchara-buizu:20201215002038j:image

215(228)-×-101(100)-133(68)-116(108)-60(4)

 

調整

HB 無振りランドロス地震を97%の乱数2耐え

      陽気ソルガレオの最後ファングを確定2耐え

HD 臆病カイオーガのダイれいビをあられダメ込みで99%以上の乱数で2耐え

C 無振りカプ・コケコを最低乱数以外1発

 

補完枠

主にカイオーガ、ゼルネアスへの対応とランドと選択できる地面枠…だったのだが、先ほども述べたように本番はゼルネアス全員みがわり持っててトリトドンでは勝てなかった

無難に活躍はしていたが、本番では襷が有効に働いた場面は特になかった

 

 

苦手なポケモン

・みがわりゼルネアス

みがわりを残させずにメタモンでパクるしかない

それをやろうと思うとかなりこちらの選出が縛られるのでキツい

 

・怪電波サンダー

バンギラスを出せているときは問題ないが、出せていない時はひたすらキツい

 

・Bキュレム

ゼクロムは地面枠やメタモンで対処しやすいが、Bキュレムメタモン以外全員不利取っててメタモン意識でドラゴン技切ってるパターンがあってキツい

幸いなことに本番では1回しか当たらなかったし、メタモンでパクって勝てた

 

・ジガルデ

マジで無理

勝つにはメタモンでパクって蛇睨みいれてそっから立ち回りで誤魔化すしかない

幸いなことに本番では1回しか当たらず、立ち回り頑張ったら運にも助けられてTOD勝ちできた

 

反省点

基本的に今回の構築には概ね満足していて、足りなかったのは僕の運と実力だとは思っているんですけど、構築全体の突破力が低すぎて、体感で勝ち試合の半分近くがTODだった気がするのでそこは反省点だと思う

改善案としては、ランドに積み技を搭載するとかになるのかなぁ

 

 

以上で今回の記事を終わります

僕なりに頑張ったものの、予選抜けどころか1800にすら到達できなくて悔しさしかありません

ただ、1800台とは3回マッチングして全部勝ってるので、上位とも対等に渡り合える構築にはなっていたんじゃないかと思ってます

本当に悔しい、ルギアで竜王戦抜けたかった

構築共有したゴッディさんも勝ちきれなかったみたいだし、きっとまだ何かが足りなかったんだろうな…

何年後になるかは分かりませんが、次の竜王戦では今度こそ予選抜けできたらなと思います(流石にその時は予選抜け人数2人とか頭おかしい状態ではないと思うし)

 

それでは!

 

【S12 シングル】8世代適応型3世代統一【最高2027 最終2017 244位】

みなさん、こんにちは

今回はS12で僕が使用してレート2000を達成した3世代統一の記事です

全国1億3千万人の3世代統一勢のみんな!僕、やったよ!!!!!!

 

 

構築経緯

カンムリの雪原でようやくまともな3世代統一が組めるだけのポケモンが解禁されたし、3世代統一で上位目指すぞ!

ミミッキュに勝つための鋼枠としてメタグロスが確定、vsミミッキュには若干不安のあるポケモンではあるものの、レジスチルボスゴドラミミッキュ以外に対して不安しかないので

普通に使いたかったので、瞑想アシパラティアスとハチマキラグラージを採用

ストッパーがいなかったので襷バシャーモを採用

ヒレが嫌すぎたのでヌケニンを採用

何入れていいかわからなかったのでとりあえずサーナイトを入れてみる

サーナイト以外悪くない感じがして、サーナイトの枠を物理受けにするべきだと感じたので、ミロカロスヤミラミ輝石トドグラーの3体を試し、ヤミラミが1番しっくり来たのでヤミラミを採用(なんな、ヤミヌケに未練がある人みたいになったな)

終盤になってヌケニンが流石にしんどいと感じたのとサンダーに対する勝ち筋が少なめだったのでレヒレとサンダーに強いユレイドルを採用

構築完成!

f:id:mobchara-buizu:20201201171438j:image

 

結果

最高レート

f:id:mobchara-buizu:20201201171517p:image

数字で確認できる最高レートはこれだけど、これ+1勝して一瞬184位になったので実質203Xみたいなとこある(ない)

f:id:mobchara-buizu:20201201171822j:image

 

最終レート&順位

f:id:mobchara-buizu:20201201171907p:image

 

 

個別紹介

f:id:mobchara-buizu:20201201171940j:image

(レンタルできるのでよかったら使ってね)

 

バシャーモ

f:id:mobchara-buizu:20201201172031j:image

157(12)-172(252)-81-130-90-144(244)

 

調整

H カウンター採用してた時の名残、ダイマしたエースバーンをカウンターで倒せるように

A 起死回生を高威力で使えると強いので特化

S 最速ホルード抜き(1加速でドラパも抜ける)

 

ストッパーとして採用された襷バシャーモ

最初は文字鬼火カウンターこらえる、次に文字起死回生カウンターこらえる、その次に起死回生オバヒカウンターこらえるを試し、最終的にカウンターを外して起死回生オバヒ鬼火こらえるに落ち着いた

襷、鬼火、こらえるを駆使して相手のダイマターンを稼ぎつつ可能なら無力化を狙い裏に繋げる、起死回生やオバヒで突破を狙うことも可能

バシャーモというポケモンがめちゃくちゃ相手のダイマを誘うのでものすごく活躍した

この構築のMVP

 

メタグロス

f:id:mobchara-buizu:20201201172135j:image

185(236)-178(52)-160(76)-×-111(4)-108(140)

 

調整

HB 補正有252エースバーンの火炎ボールを最高乱数切り耐え

A ダイスチルでH20振りアーゴヨンを62.5%の乱数1発

S 4振りレヒレ抜き抜き

D 余り

 

メタグロスコスパがいいよね

最初は普通の弱点保険メタグロスを採用していたのだが、じゃくほ発動する前に受けポケモンに交代されると何もできないことやじゃくほを警戒されて等倍以下の技で弱点技圏内まで削りにくる人が多いことが気になり、メタグロスの習得技を眺めていたらコスモパワーとかいう最強技を新規習得していたので採用することにした

受けに来たポケモンをコスモパワーで起点にしても回復手段がなければどうしようもないので眠るを採用

弱点保険を触ってもらうためにコスモパワーするのにカゴを持たせるわけにはいかないので寝言を採用

自動的にワンウェポンとなり、耐久ポケモンを起点にしたときに追加効果でAをあげて突破を狙いにいけるコメットパンチを採用して技構成が確定した

バシャーモヤミラミで鬼火を入れてしまえば多くの物理アタッカーは起点となりグロスで詰ませる方向に持って行けた

 

ラティアス

f:id:mobchara-buizu:20201201172651j:image

187(252)-×-156(252)-130-150-131(4)

 

ミミッキュと悪ウーラオスがいなければ最強ポケモン

こちらもグロスと同じく、バシャやヤミラミの鬼火から繋ぐとめちゃくちゃ強い

鬼火がなくても、一致で弱点をついてこない物理アタッカーなら対面から起点にできるくらいの耐久があってとても偉い

一番強い使い方が相手にダイマを切らせた後に出して瞑想を積んでいくムーブだったのでバシャとの相性が抜群だった

アシストパワーについては、瞑想を積まなきゃ殴れないことによる不便を感じる場面もあったものの、ラティアス自身の性能の高さでしっかり積める機会を作りやすかったことと、なによりクレセリアに抗いたかったのでアシパで使い続けた

アシパとマジフレのおかげで瞑想の積み合いにも強い

 

ユレイドル

f:id:mobchara-buizu:20201201173837j:image

193(252)-×-117-133(252)-140(4)-63

 

第3の積みアタッカー

上の2体と違い詰ませ性能は低いものの、メテオビームをあまり警戒していない人もいるらしく結構刺さる場面は多かった

ヒレとサンダーに強いのがとても偉い

それ以外の主な出番としては、メタグロスのささらが悪いもののミミッキュ等がいてラティアスを出しにくい時などに積みアタッカー枠として出る場面は多かった

あとは、ヤミラミの挑発で熱湯に固定したドヒドに後投げしてメテオビームでC+2ユレイドルを誕生させて受けループを崩した試合とかもあった

 

ヤミラミ

f:id:mobchara-buizu:20201201174827j:image

157(252)-95-139(252)-×-86(4)-49(最遅)

 

便利な物理受け

鬼火で物理アタッカーを、挑発で補助技主体の耐久ポケモンを止める

また、構築単位で悪ウーラオスが重く、まともな突破手段がバシャーモしかなくて流石にまずいと思ったのでゴツメを持たせてワンウェポンにメタバを採用した

通常、悪ウーラオスの暗黒強打をHBヤミラミでメタバしても削られ方が足りなくて倒すことはできないのだが、ゴツメ分のダメージが入ることで乱数圏内になり、仮に乱数で耐えられても次のゴツメで落ちるのでこちらは自己再生を押せばよくなる

ハチマキウーラオスの暗黒強打は、陽気なら最高乱数以外耐えなのでほぼ勝てるがいじっぱりなら56%で落とされてしまうので注意

メタバ採用のおかげでエースバーン等にも仕事ができるが、イカサマが欲しい場面も多かったので悪ウーラオスが重くないならイカサマでいいかも

上位のプレイヤーに対してはメタバ警戒してるのか交代を選択する人も多くて安定しない感じ

あと、なんかすごい舐められてるみたいで、ヤミラミで詰んでる技構成のクレセリアとかランクルスとかめっちゃ選出された

 

ラグラージ

f:id:mobchara-buizu:20201201180029j:image

205(236)-165(156)-111(4)-×-124(108)-81(4)

 

調整

HD 無補正252ウツロイドの草結びを最高乱数切り耐え

  無補正252サンダーの暴風を88.7%で2耐え

S 起点系のラグラージは無振りが多いと思ったので上とれるように4振り

A 余ったのを振り切ったらたまたま11nになって得した気分

B 余り

 

この構築で唯一、安定して火力の出せるアタッカー(グロスは火力はあるけど命中不安)

クイックターンがハチマキと相性いい気がしたので採用した

一方的に不利なポケモンが環境にあまりおらず、弱点でもつかれない限りは大概のポケモンと殴り合えるのでとても偉かった

先発で投げると相手が起点作りと誤認した行動をとってくれるため予想外の高火力をぶつけられてとても強い

後続で投げても普通に強いし、縁の下の力持ち的な活躍をしてくれていた

あと、アクアブレイク習得が強すぎた

耐久ポケモンもハチマキアクアブレイク連打してたらそのうちB下がったり激流発動したりしてなんとかなったりする

 

選出・立ち回り

先発は基本、バシャーモヤミラミラグラージから選択、たまにユレイドル

バシャーモの場合は相手にダイマを切らせる、1体以上倒す、鬼火で物理を機能停止させる等が目的

ヤミラミの場合は、挑発で相手の展開を止める、鬼火で物理を機能停止させる、バシャ出せない時の悪ウーラオス一点読み等

ラグラージの場合は、予想外の火力をぶつけて場を荒らす等

先発要員で場を荒らして後発のアタッカー(メタグロスラティアスユレイドルラグラージ)が暴れる環境を整えられればベスト

 

ちなみに、この構築の各ポケモンの選出率は1番高いバシャーモでも選出率60%、1番低いヤミラミで43%とあまり差がなく、選出の組み合わせも「ユレイドル+メタグロス+ラティアス」以外全て複数回行っているので、選出パターンも立ち回りパターンも膨大で語るのが難しい

うまく言語化できなくて申し訳ないです。

 

苦手なポケモン・並び

・ドラパルト

バシャやヤミラミで鬼火入れたり、ラグやユレイドルでぶん殴ってなんとかって感じ

不意の特殊型が1番キツい

3回くらいダイソウゲンでラグラージがいなくなって草が枯れた

 

・悪ウーラオス

バシャとヤミラミ以外はダイマしないとやりあえないのでめっちゃキツい

ラティアスユレイドルにいたってはダイマしてやりあうにも条件がつくのでキツい

終盤流行っててクソほどキツかった

 

・ナット+レヒレ

ナットに有利なバシャ、ヤミラミラティアスはレヒレが苦手で、レヒレに有利なユレイドルラグラージはナットが苦手なのでめちゃくちゃキツい

 

他にもキツいのはいたけど、たくさんいたポケモンだとこの辺り

 

 

 

以上で今回の記事を終わります

よくTwitterで「3世代統一」や「ホウエン統一」で検索をかけるのですが、そうすると「3世代統一使ってるけど全然勝てない!」みたいな声をちらほら見かけて、一応僕は7世代では1番レートの高い3世代統一使いだったので、僕が2000を達成して3世代統一勢の道標になれたらいいな、みたいな思いを勝手に抱いて頑張ってました

結果として最高も最終も2000を超えられて、3世代統一はまだまだやれるんだぞってところを見せられた気がして個人的には満足しています

来シーズンは序盤は竜王戦出場を目指すので中盤以降の参戦になると思いますが、いいアイデアが思いついたら3世代統一使うと思います、たぶん

 

それでは!

【カンムリビギニング】ホウエン思考受けサイクル〜ウミユリのバトルスイッチ〜【最高1816 最終1808】

みなさん、こんにちは

今回は竜王戦出場を目指してカンムリビギニングに挑戦してきました

結果としては、出場権を獲得できる上位2名には遠く及ばないものになりましたが、頑張ったのでよければご覧ください

構築経緯

特に使いたいポケモンが思い浮かばなかったので、とりあえず自分のテリトリーである3世代統一で構築を考えることに

 

まず、優秀な物理受けとしてミロカロスを採用、次にミロカロスでは受けられない物理に対する第2の物理受け兼挑発要員としてヤミラミを採用しました

次に、鋼枠でメタグロスを採用

それから、多いと予想される原種サンダー・レジエレキの電気組に対する電気無効枠の候補がネンドールナマズンの2択になり、覚える技や種族値などを確認してまだ可能性あるかなと感じたネンドールを採用

そして、3世代統一でめちゃくちゃしんどいことを把握していたGファイヤーに対する特殊受けとしてレジアイスを採用

最後に、ヤミラミ以外誰もナットレイに勝てないのは流石にキツいので、vsナットで展開できるみがわり鉄壁レジスチルを採用して叩き台の構築が完成

 

実際にこの並びでカンムリビギニングルールの仲間大会に参加したところ、ネンドールレジスチル以外はいい感じだったので、ベースはこの4体で行くことに

 

電気枠に対して無理にあまり強くない電気無効枠で挑むのは勝利に繋がらないと感じたので、半減で受けてじこさいせいで粘れ、メテオビームでサンダーを1撃で持っていけるユレイドルを採用

また、ナットに強い枠としてはカンビギ環境でダイバーンできる3世代の中で1番信頼できるボーマンダを採用、これで仲間大会に参加したところ手応えを感じたので、本ロムはこの並びを完成とし、採用することにしました

f:id:mobchara-buizu:20201116174338j:image

 

が、本ロムで潜っていて、予選抜けを目指すほど勝ち切れていないと感じました 仲間大会に潜っていた時から感じていたことですが、ボーマンダを全く選出しておらず、この枠が違うと思いサブロムはここを変えて挑むことにしました

でも、ホウエンボーマンダよりこの枠の適任になるポケモンいないしなぁ

…外部から連れてくるか!

 

ということで、オオスバメ(カントーの姿)(電気・飛行)を採用してサブロムの構築が完成しました

f:id:mobchara-buizu:20201116174818j:image

 

結果

本ロム

最高

f:id:mobchara-buizu:20201116175003j:image

この時点で残り4戦しかないので、ノーチャンじゃんって言ってました

 

最終

f:id:mobchara-buizu:20201116175040j:image

そっから4連敗しました

30-15

 

サブロム

最高

f:id:mobchara-buizu:20201116175245j:image

この時点で残り4戦、全勝ならワンチャンって言ってました

 

最終

f:id:mobchara-buizu:20201116175344j:image

そっから2勝2敗でした、残念。まぁ、終盤はかなり運よかった中でこれなのでしゃーない。

34-11

序盤でいっぱい負けたので、勝率一緒の人よりだいぶレート高そう

 

 

個別紹介

2ロム共通

 

f:id:mobchara-buizu:20201116180009j:image

173(140)-205(252)-151(4)-×-111(4)-104(108)

 

調整

A 火力はあればあるだけいいので特化

HB 補正有252ガブの地震を75%で耐える

HD 無補正C252珠サンダーの熱風を87.5%で耐える

S 4振りミロカロス抜き抜き

 

皮のないミミッキュをバレパンで縛れるハチマキ採用

技構成は、一致のアイヘと先制技のバレパンは確定

サブウェポンはミロカロスやガアに刺さるかみなりパンチと耐久振りサンダーにもアタッカーサンダーにも刺さる岩石封じを採用した

岩石封じ採用なら1がんぷう後最速サンダー抜きをとるべきだったかもしれないが、耐久も火力も削りたくないので難しいところ

有利対面で交代読みかみなりパンチ・岩石封じでイージーウィンできた試合もあって、持ち物と技構成はかなりよかったと思う

 

f:id:mobchara-buizu:20201116182820j:image

202(252)-×-144(252)-120-145-102(4)

 

普通の物理受けミロカロス

個人的に使うのが苦手なポケモンではあったが、仲間大会でしっかり試運転したことで万全な状態で本番に臨めて、上手く扱えていたと思う

技構成は、熱湯・じこさいせいは確定で、あとは起点回避用にくろいきりとこごかぜを採用した

こごかぜに関しては、こごかぜでよかった場面もあったが、パーティ的に素早さ下げてもメリット少ないのでれいビやミラコにしてもよかったかもしれない

毎ターン火傷で削れるのでHP管理が難しい

 

f:id:mobchara-buizu:20201116184116j:image

157(252)-95-139(252)-×-86(4)-70

 

第二の物理受け

先制鬼火で物理ポケモンを機能停止させることができ、挑発で相手の展開も許さない

ミロカロスに対する補完の物理受けとしてはは常に優秀で、かなり重宝した

ヤミラミの苦手な炎物理にはミロカロスが強いのでいい感じ

ただ、後出しするには耐久が足りないので、やはり本命の物理受けはミロカロスという感じ

挑発が思ったより警戒されず、7世代以降からポケモンを始めた人にはメガシンカしないヤミラミに馴染みがないのか、鬼火挑発ヤミラミ1体で詰んでる選出をされてイージーウィンする試合が2〜3試合発生した

 

f:id:mobchara-buizu:20201116185237j:image

193(252)-×-117-133(252)-140(4)-63

 

サンダー・レジエレキ対策

序盤は宿り木・自己再生・ギガドレインを駆使して特殊受けをして、タイミングをみてメテオビームを発動しアタッカーへと変貌を遂げる3世代統一界のギルガルドになった

最初はメテオビームを警戒して鋼枠などに交代してくる相手も宿り木と自己再生で粘られると自然とメテオビームへの警戒が弱まり、普通にメテオビームを使うより刺さるようになる場面が多かったと思う

サンダーもレジエレキも数が多かったこともあり、かなり選出したしかなり活躍した

もっと使われても良かったんじゃないかという程度には強かったんだけど、対戦相手が使ってるのは仲間大会で1回見かけただけだった。なんでや。

 

f:id:mobchara-buizu:20201116192306j:image

187(252)-×-120-167(252)-220-71(4)

 

最強の特殊受け

特殊受けとしての安定感は圧倒的で、回復手段さえあれば普通にトップメタになり得るレベルだったと思う

ただ、数値で受けて殴り返すことしかできないため役割集中とかで崩される可能性もあり、選出率は同じく特殊受けのユレイドルより下になった

チョッキレジアイスがどれくらい硬いかというと

 

Gファイヤー対面

Gファイヤー悪巧み レジアイス後投げ

Gファイヤーダイマ切ってダイジェット レジアイスれいビ、Gファイヤーじゃくほ発動

Gファイヤーダイジェット レジアイスダイマ切ってダイアイス Gファイヤーにあられダメ(この時点で乱数)

Gファイヤーダイジェット レジアイス落ちる、霰でGファイヤー落ちる

 

これが成立するので、無理にダイマ読みダイマをしなくていいくらい硬い、強い

相手が特防下げようとダイアークをしてもクリアボディで下がらない上に暴風のダイジェットより被ダメが安く済む

ちなみに、じゃくほ以外なら同じムーブでレジアイス生き残ります

技構成は安定した氷技のれいビが確定、サブウェポンで使いやすい10万とマンムーに打ててダイスチルにもなるラスカノを採用

ラストは積み技感覚でチャージビームを採用した

他にはダイマ前提の破壊光線も候補になるがチャージビームめっちゃ便利だったのでこれで正解

 

本ロムのみ

f:id:mobchara-buizu:20201116193904j:image

171(4)-187(252)-100-×-100-167(252)

 

ダイマエースのスイーパーでナットレイ対策

技構成はダイジェット用のダブルウイングをメインウェポンとし、ドラゴン技は切って呼びそうなポケモンに刺さる技を採用した

仲間大会では選出したがあんまり活躍しなかったし、カンビギ本戦では一度も選出しなかった

構築に合ってない

 

サブロムのみ

f:id:mobchara-buizu:20201116194257j:image

193(220)-×-106(4)-167(52)-111(4)-149(228)

 

調整

H 16n+1

C 11n(火力多少確保しときたかっただけで深い意味はない)

S 準速ミミッキュ抜き

BD 余り、Sに回しても良かったが、最速ニドキングを考えると同速よりは抜かれてる方が立ち回り安定するかなと思った

 

ボーマンダがダメだったので突貫で用意したサンダー

これにより記事タイトルに「3世代統一」を使えなくなった

急遽育成したので反省点は多い

たぶん、最速とった方が強かったかな

でも、これでも普通に強かったし活躍してくれたので、サンダー投入自体は間違ってなかったと思う

サンダーがいなかったら1800には届かなかった

技構成は、サイクル参加のために羽休めとPP枯らしやTODを意識したみがわり、電気技はそれらの技と相性がいい放電を採用して後はダイジェット用に暴風で確定

熱風が欲しい場面もあったが、結果的に熱風を切ったことが原因で負けた試合はなかったのでこの構成が間違いだったとは思わない

 

選出

基本

物理受け+特殊受け(orサンダー)@1

 

基本はこれ、最初の物理受けはほぼミロカロス

@1は本当にボーマンダ以外なんでも入る

相手のパーティを見てって感じ

先発も相手のパーティを見てだけど、レジエレキやサンダーがいる時は極力ユレイドルから入りたい

 

キツかったポケモン

・レジエレキ+アーマーガアのとんボルチェン

マジでキツかった。ユレイドルをガア対面で居座らせるターンを作ることでなんとかって感じ

最高レートの1816から負けた対戦もこれに負けた

 

・ミロより速い挑発ビルドアーマーガア

これで詰んで1敗

幸い、環境のガアはほぼ受け要員でミロカロスより上をとってるガアはかなり珍しかったのでなんとかなった

一応、ヤミラミ(サブロムならサンダー)で勝てるけど…ガアを見たら必ず出すというわけにもいかないので

 

じゃくてんほけんバンギラス

バンギは基本ミロでなんとかするので、じゃくほ持ってるとかなり苦しい

 

ラプラス

キツいのにあんまり選出されなくてなんとかなった

選出されちゃったら、上手いことダイマ切らせて上手いことダイマ枯らして上手いこと壁ターン稼いで…って感じで無理矢理なんとかしてた

なんとかならなかった試合が2回あった

 

 

 

以上で今回の記事を終わりにします

前回の竜王戦では予選抜けに遠く及ばない、どうしようもないクソ雑魚戦績だったので今回こそは予選抜けしたいと思い、僕なりに真剣に取り組んだのに届かず残念です。ただ、それでも最終16位と結果自体はかなりよかったと思うので頑張った甲斐はありました

予選はもう一回あり、そっちが本来の竜王戦ルールなので、なんとか勝てるパーティを組めるよう頑張りたいと思います

それでは!

S11のブイズで使ったイーブイ

こんばんは

前期はサブロムの方でイーブイ入りブイズを使っていました

僕はイーブイが大好きなので、基本的にブイズパを組むときはイーブイをパーティに入れます

ということで、今回は前期のランクマで使ったイーブイの型を軽く紹介したいと思います

f:id:mobchara-buizu:20201104211457j:image

イーブイ以外のブイズ達については

サンダース・ブラッキーニンフィアの型はトコさんというブイズ使いがS10で使用したものを丸パクリしていて、

エーフィの型はクラインヴァルトさんというブイズ使いがS10で使用したものを丸パクリしています

グレイシアは技構成は多くのブイズ使いさんが使ったものと一緒で、調整はうっかりやでH108振り、C236振り、S164振りでD個体値が0です

 

では、本題のイーブイの型解説に行きたいと思います

f:id:mobchara-buizu:20201104212248j:image

イーブイ@しんかのきせき てきおうりょく

161(244)-75-112(252)-×-87(12)-75

のしかかり のろい ねむる ねごと

 

今回使用したパーティはトコさんのこのブイズパ(https://eievui.com/s10-party/)がベースになっていて、その中でサンダース・エーフィ・ブラッキー・グレイシア・ニンフィアの5体がグッドスタッフでリーフィアが補完であると語られていたので、リーフィアの枠をイーブイに変えることにしました

ただ、リーフィアが担っている役割をイーブイにやってもらうことは難しいので、イーブイイーブイで別の役割を見つけてもらう必要がありました

おそらく、この環境でイーブイを使うなら襷じたばたが1番使いやすかったとは思いますが、グレイシアがグッドスタッフでいるためには襷が必要不可欠であったため断念、色々考えた結果、この型にたどり着きました

このイーブイの役割対象としては、マリルリカビゴンなど、ブラッキーでは相手にしにくい物理アタッカーの一部です

基本的には物理受けとしての性能はブラッキーの方が圧倒的に高いので選出機会は少ないのですが、マリルリ以外にもダイマックスを切ることでウルガモスの起点を回避して突破を狙いに行けるなどのメリットがあります

耐久的にはかなりギリギリで、ホルード地震に対して呪いを積んで、次の地震を耐えて眠った後に寝言2回のどっちかで呪いが出ないとホルードに眠るが追いつかないくらいです

ただ、それでも割合活躍してくれたので、前期の環境で使うイーブイとしては悪くなかったと思います

 

以上で今回の記事を終わります

ちなみに、このブイズでの最終順位はこんな感じでした

f:id:mobchara-buizu:20201105214622p:imagef:id:mobchara-buizu:20201105214631p:image

この結果をいい結果と捉えるべきか大したことない結果と捉えるべきかは、ブイズ復帰したての私にはわからないのでみなさんの判断に投げたいと思います

 

イーブイたんもふもふ!!!!!